ベルビシュのパーソナルカラー・骨格診断を体験レポートして頂きました

Aさん 25歳 看護師

客観的な判断は自分では難しい

パーソナルカラー診断や骨格診断は、最近雑誌等で見かけて知ってはいました。そこにはセルフチェックの仕方なんかも書いてあり、やってみたこともあります。でも、肌の色や自分の骨格について客観的に判断できているかどうか自信がありませんでした。

白くてお洒落なサロンでリラックス

サロンは一面ガラスに面した明るい空間で、アロマのいい香りがします。そこでNORICOさんと初対面。とても綺麗な大人の女性でした。人見知りする方なのでちょっと心配だったんですが、気さくでお話もしやすかったです。

まずはアンケートに答えます。好きな色や苦手な色、ファッションの悩み等の項目があります。私の好きな色が似合わない色じゃない事を祈りつつ記入していきました。

そしてパーソナルカラー診断鏡の前のチェアーに座って白いエプロン(?)みたいなものを掛けます。
そこからテーブルに並べられたたくさんの布を一枚ずつ合わせていきます。ときおり談笑しながらもNORICOさんは真剣な表情でじっくりと診断されておられる様子でした。教えて頂いたのは合わせる色によって顔色や唇の色が違って見えるということ。同じ系統の色でもトーンが違うと本当に表情まで変わって見えるのが印象的でした。
たくさんの布を当てて分かった事は明るい色であれば明るい印象になる、とは限らないという発見。似合う色って言うのはこういう事なんだ!という驚きの連続でした。

つづいて骨格診断へ
チェアーから立って診断を受けます。腕の肌の色、肩甲骨や膝をNORICOさんが軽くタッチしながら確認していきます。
意外なのは肌の柔らかさも診断の要素なんだそうです。 診断そのものはあっという間でした!
骨格のタイプで似合う服の形や素材までわかっちゃうんですね。服を買う時、手に取った時は「かわいい!」と思っても試着すると「なんか浮いてるな~」とか「しっくりこないな~」という事が良くあったのですが、その理由がわかった気がします。

自分に合う色を伝えてくれるのはもちろん、避けた方がいい色やテクニックを客観的に優しく教えて貰えて嬉しかった!

ひと通りの診断が終わると診断結果を教えて頂きました。
私の場合はパーソナルカラーはオータム、骨格はウェーブ型とのことでした。
雑誌で自己診断した結果と違う!(笑)
今は帰りに頂いたカラーサンプルを見ながら買い物をしています。アドバイスを受けて口紅の色も変わりましたし、ワンピースの形がどういうのが良いか特に悩んでいましたが、骨格診断のアドバイスで、「こういう形にすればいいのか!」と服選びが楽になりました。
パーソナルカラー診断や骨格診断は服選びに役立つもの、と思いこんでいましたが、アドバイスを受けて口紅の色や髪の色、時計やネックレスなどのアクセサリー、身につける全てのものに活用できて、私にとって価値のあるものでした。